廃車手続きと自動車税

自動車を保有していると、自動車税というものがかかります。

これは毎年4月1日時点で自動車を保有している人がし支払わなければならない税金で、車の排気量などによって税額が変わってきます。

軽自動車以外の車は、最低でも年間数万円はかかるので、車にかかる費用としてはかなりのものです。

4月に自動車税の支払い通知を受けた人は、5月末までに自動車税を納めなくてはならない決まりになっています。

この自動車税は、年間の税額を一度に納めるものです。

さて、1年分の自動車税を納めたにも関わらず、たとえば7月に事故に遭い、車が大破してしまい廃車にしたとします。

この車にかかる税金は1年分既に前払いしてしまっているのですが、戻ってくるのでしょうか?答えは、戻ってくる、です。

廃車手続きを済ませた後に、年額を月割りにした額が、残りの月数分戻ってきます。

通常、廃車手続きをすると自動的に各都道府県の税務事務所から、自動車税の還付金を受けるために必要な葉書が送られてきます。

自動車税の還付を受けるためには、この葉書を持って、金融機関に行くと、還付を受けることができます。

自動車を廃車にした場合には自動車税の還付のことを忘れないようにしましょう。

せっかく戻ってくるものを忘れたらもったいないですからね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ