廃車とリサイクル

車が故障したり、事故に遭って壊れてしまった時に、まず頭に浮かぶのは、廃車という選択です。

実際に事故や故障で車が壊れてしまうと、その車に乗り続けるのはちょっと怖いですし、また、もう直らないのではないかと思ってしまうものです。

しかし、廃車にする前に、いくつか車のためにできることがあります。

ここでは、廃車になるかも、という車をどうすれば良いのかということを見ていきましょう。

車が事故や故障で壊れてしまった場合、もちろん大破というような状態で、ほとんどスクラップという場合には再生の余地は無いですが、半壊程度であれば意外にもいくつかの使い道があります。

まず考えられるのが、部品のリサイクルです。これは、地球環境のためにも良いことですよね。

車が壊れてしまったからと言って、すぐにスクラップにしてしまえば、鉄の塊になってしまいます。

しかし、使える部品をきちんと取り外して再利用できれば、エコロジカルなリサイクルになります。

実際に、車の部品にはリサイクルできるものが多く、国でもパーツのリサイクルを促進しています。

もし、車が事故や故障で壊れてしまったらリサイクルという選択を思い出してみて下さい。

事故の処理に来てくれた業者の人などに相談してみると、いろいろと教えてくれるかもしれません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ