廃車にすべきか否か?

車に乗っていると、必ずと言ってよいほど、故障や事故に遭います。

頻度は人それぞれですが、車が動かなくなるほどの事故に遭うことも、決して珍しいことではありません。

また、事故は自分の不注意で起きるだけではなく、止まっているところに追突されたりといったもらい事故もあり、これだけ車が多いと、いつ何があってもおかしくはありません。

さて、車が動かなくなるほどの事故や故障になってしまうと、まず選択肢として浮かぶのが廃車です。

廃車というのは車をスクラップにしてしまうことで、登録じたいも抹消されてしまいます。

ひどい事故の場合には廃車にする以外には方法はないですが、半壊程度であればまだ使い道はあります。

廃車かな、と思うような事故に遭っても、車の重要な骨組みが無事であれば、修繕によって元に戻ることも珍しくはありません。

特に愛着のある車の場合、事故に遭ったとしても修繕できるのであれば直してまた乗りたいと考えるが人情ですよね。

あまり想像したくはないことですが、今後事故や故障などで車が使えなくなった時には、すぐに廃車にしてしまうのではなく、リサイクルや修繕など、何か廃車以外の別の方法を模索してみると良いかもしれません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ