損をしたくなかったら「ディーラーに廃車依頼」はタブー

■ディーラーの「廃車です」は100パーセント信用できない

ディーラーによる廃車依頼を受けた車や下取り車の転売の話を取り上げましたが、もちろんすべての新車ディーラーが下取りでそのようなことをやっているわけではないでしょう。

でも、少なくともディーラーの下取り査定は100パーセント信用できるものではないということはわかります。

特に廃車依頼の場合は、顧客が税金や自賠責の還付のことを知っているかいないかで対応が違ってしまうというリスクがあるというのですから、われわれ車業界の素人はディーラーに廃車依頼することはタブーにするべきなのかもしれません。

車を買い替えたり廃車にしたりというのはそうたびたびあることではありませんから、このような裏事情を知らない人は損をした自覚がないままで過ごしてしまうのでしょう。

ですから、せめてこの記事を読んだ人だけでも「ディーラーに廃車を依頼するのは危ないんだ」と気付いて欲しいものです。

俺は知っているから大丈夫だと思っても、何しろ相手は車業界のプロなのです。

途中で「税や自賠責の還付はどうなるの」と言われてもすぐに方向転換し素人では反論できないような辻褄あわせをすることも可能でしょう。

赤子の手をひねるようなものかもしれません。

■ディーラーのうまい話は疑ってかかれ

「廃車の引き取り・手続き費用は全額こちらで負担させて頂きます」と言われたり、査定ゼロの下取り車に数万円とかの値段を付けてもらったとしても喜んではいけないようです。

このように言われると何か特別な配慮をしてもらったような気分になりがちですが、それが危ないのです。

値段を付けて「廃車依頼」されることを防ぎ、所有権移転後に解体業者で廃車処分にして、金属資源代金と自動車税、自動車重量税、自賠責保険の還付金など下取り額をはるかに上回る金額を受け取るのかもしれません。

また、まだ走れるような車だと買取専門店に転売してもっと大きな利益を得るのかも知れません。

ディーラーにしてみれば、新車は売れるし下取り車からも利益が上がるしということでウハウハ状態でしょうが、顧客の方は気付かぬままに本来自分が得ることのできる利益を横取りされてしまうのです。

■廃車はディーラーに依頼しないのが最も確実

廃車処分で損をしないための確実な方法は、ともかくディーラーで廃車の依頼を行わないことです。

相手に知識があるかのかないのかによって商売のやり方を変えるかもしれないというのが、そもそも胡散臭いではないですか。

今では解体業者、リサイクル業者だけでなく、廃車・事故車を専門にする買取専門店もあります。

そのような専門店も登録・参加している無料一括査定サービスもあります。

ディーラーで「査定ゼロ」、「廃車です」と言われたら、まずはそのようなところでネット査定を試してみてはどうでしょうか。

少なくともディーラーでの廃車のように損をする心配は無くなること請け合いです。

※廃車の前にやはり一度は無料査定を試してみた方がいいでしょう。
 少なくとも数万円の価値のある車を何もせずに廃車にしてしまうのはもったいなさ過ぎます。

<廃車にも対応している無料査定サービス>

①ズバット車買取比較
全国150社以上が加盟する【無料】一括査定サービス。
地域や車の条件に合う最大10社へ査定を一括依頼することができます。
                    詳細はこちら >>>ズバット車買取比較

②カーセンサー.net簡単ネット査定
中古車情報誌カーセンサーの企業が運営。やはり加盟業者数が多いのが特徴です。
最大11社の見積もりが可能で、メールでの連絡を選べるのはここだけです。
              詳細はこちら >>>カーセンサー.net簡単ネット査定

③カービュー
参加業者数は業界NO.1。既に300万人以上の利用実績がある一括査定サービスです。
事故車や廃車を考えている車の査定にも対応しています。
                        詳細はこちら >>>カービュー

何もしなければ廃車にするしかない車が、ほんのちょっとした手間で5万円とか10万円とかで売れるかもしれませんよ。駄目もとで試してみる価値は充分あると思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ


このページの先頭へ